商標登録の申請の流れ:Amazing DX®での出願手順を解説

商標登録の出願がしたい

商標登録がしたいんだけど、自分でやるのは不安だから専門家に代行を依頼したいと思ってるんだ。特許事務所(弁理士)に依頼するとなると、ちょっと敷居が高い感じがするし、どこに依頼すれば良いのか分からないんだよ。
特許事務所や弁理士に関する情報は、インターネットで検索すれば多くの情報を集めることはできますよ。とは言っても、費用や提供される専門サービスはそれぞれで違いがある上に、費用が高いから高品質とは限らないから、選ぶのは大変かもしれません。
そうなんだね。まず、手続の流れがどうなっているかを理解した上で、それぞれの依頼先がどんなサービスをしているのか確認して、どこに依頼するか決めるようにしようかな。

この記事では、商標出願の一般的な流れと、「Amazing DX®」での流れの違いを解説します。

目次 Index
    1. 商標登録の出願がしたい
  1. 商標登録の一般的な流れ
  2. 出願に最低限必要な情報は?
  3. 注目ポイント:1.出願する商標
  4. 注目ポイント:2.指定商品・役務
  5. 自分で商標を出願する場合
  6. 代理人に商標出願を依頼する場合
  7. 「Amazing DX®」を利用する場合
    1. 「Amazing DX®」で商標検索をする
    2. 「Amazing DX®」にログインする
    3. Amazing DX®をお試しください

商標登録の一般的な流れ

商標権を取得するためには、特許庁に権利を取得したい商標等を記載した書面『商標登録願』を提出する必要があります。提出後、特許庁での審査を経て登録の要件を満たしていれば、登録の査定を受けます。査定を受けた後で、登録料を納付することで、晴れて商標権が設定登録されることになります。一般的に出願から商標権の発生までの流れは以下の図のようになります。

出典:初めてだったらここを読む~商標出願のいろは~(特許庁ホームページ)
出典元URL:https://www.jpo.go.jp/system/basic/trademark/index.html

出願に最低限必要な情報は?

商標出願するにあたり、最低限必要な情報は以下の通りです。
これは、自分で出願する場合でも、代理人に依頼する場合でも変わりはありません。

  1. 出願する商標
  2. 商標を使用する区分と具体的な商品や役務(サービス)
  3. 出願する人の氏名または会社名称
  4. 出願する人の住所または居所
  5. 特許庁に支払う特許印紙代

商標法により、商標として登録できる要件が規定されています。その商標が登録要件を満たすものであるかどうか、確認することをお勧めします。以下の記事をご参照ください。

既に商標登録されていないかどうかも調べることで、登録の可能性を確認することができます。以下の記事をご参照ください。

注目ポイント:1.出願する商標

出願する商標は、実際に使用している(若しくは、使用を予定している)商標とすることが望ましいです。

その理由は、登録後に使用している商標が、登録商標とは違う場合、登録を取消される可能性があるためです。商標の使用について、以下記事で解説しています。

使用商標が未定の場合や変更する可能性がある場合等は、『標準文字』で表した商標を出願することも可能です。

注目ポイント:2.指定商品・役務

商標と同様に重要なポイントになるのが指定商品(役務)です。権利範囲に影響することから、できる限り多く指定することにより広範囲な権利を取得することができますが、指定する区分の数によって出願や登録、登録後の更新にかかる費用が増加するため、どこまでにするか決断が求められます。

また、使用しない商品(役務)に登録したとしても、商標の不使用を理由に第三者から取消請求がされた場合には登録が取消される点に注意が必要です。

自分で商標を出願する場合

商標出願を必ずしも専門家に依頼する必要はありません。直接、ご自身で出願することも可能です。

ただし、決められた様式に沿った煩雑な書類作成が必要であることと、適切な出願をしないとせっかく商標登録ができても、見当違いな権利範囲になってしまい、登録した意味がなくなってしまう可能性があります。

商標出願の手続きをする方法は、インターネットを介して(電子)データを提出する方法と、願書(申請書)を用紙に印刷して提出する方法があります。

インターネット出願は初期設定が煩雑なため、通常、ご自身で手続きする場合には、紙での提出を選択することが多いです。その場合、出願書類の郵送の後には、書類電子化の手数料支払いが必要です。

願書の作成には一定のルールがあり、そのルールに沿った記載が求められます。そのため、自分で出願する場合には記載不備により登録できないと拒絶されてしまうこと可能性があることにご留意ください。

変更(補正)可能な記載不備であれば、記載を変更した書類を提出することで登録できることもあります。一方で、変更ができないケースもあり、その場合には再出願することも可能です。

手続によっては、提出期限が設定されており、その期限管理も必要です。登録後の更新は通常、10年毎での手続きになるため、この期間忘れずに期限管理することになります。

一方で、出願や登録に必要な特許庁の印紙代だけで足りるため、費用面は最も安価になります。

自分で商標出願するための方法は、以下をご参照ください。

代理人に商標出願を依頼する場合

商標を出願する場合、特許事務所や弁理士などの代理人へ依頼することができます。代理人は商標をはじめとする知的財産に関するプロフェッショナルですので、煩雑な書類作成の手続きを安心して任せることができます。依頼する場合には、各手続に応じて手数料が発生します。

出願商標や指定商品(役務)の選定についても、相談しながら決定することができることから、商標に関する知識不足の点があっても、安心して手続きを進めることができます。

出願前の調査を依頼することで、登録の可能性を事前に把握することができます。登録の可能性が低い場合は、どうすれば登録可能性を高めることができるかについても助言を受けることができます。

出願に必要な事項について代理人とメールや電話、打合せ等で何度かやり取りをすることになりますので、自分の準備に不備や不足があった場合でも漏れなく万全な対応を行うことができます。

特許事務所・弁理士に依頼する場合のメリット・デメリットは、以下をご参照ください。

「Amazing DX®」を利用する場合

当事務所が運営・提供している「Amazing DX®」は、商標登録に関する手続きをオンライン(ウエブサイト上)で完結できる独自サービスを特徴しており、操作方法が分からない時や入力事項に関する問合せはチャットを利用して窓口となる当事務所の弁理士とやりとりができます。

数ある特許事務所の中でも50年近くの歴史がある大手事務所が運営しているため、安心してお任せいただけます。また、国内のみならず、外国出願の経験も豊富ですので、外国に関するご依頼も引き続き対応いたします。

以下のページでは、「Amazing DX®」を利用して出願をする場合と、代理人に依頼して出願をする場合、自分で出願をする場合を比較した一覧表にしていますので、ご参照ください。

  1. 出願したい商標の 商標検索 をする
    アカウント登録をする)
  2. 出願の申込みをする
  3. 出願書類(案文)の確認をする

オンライン上で効率良く進めることができるため、費用面でのメリットだけでなくレスポンスの良さも見逃せません。

「Amazing DX®」で商標検索をする

①出願を希望する商標(文字)とヨミガナを入力・設定し、
②商品・サービスを選択します。
③検索結果が画面に表示されます。

商品やサービスの選択で迷うことがあれば、区分別ガイドをご参照ください。

検索結果によっては、類似する登録商標の存在により、登録の可能性を高めるために出願(申請)する商標の変更したり、指定商品・役務の絞り込みをしたりすることが必要になるケースもあります。

その変更や絞り込んだ結果も、画面上で即時に確認できるため、滞りなく進めることができます。

検索結果に問題が無ければ、[商標出願依頼]に進みます。

「Amazing DX®」にログインする

出願の依頼にあたり、「Amazing DX®」にログインします。会員登録がまだの方は[新規会員登録]を行っていただくことになります。

マイページから出願の申込みをする

マイページの画面の[出願に進む]から出願の申込みができます。既にログインした状態であれば、商標検索画面の[商標出願依頼]ボタンからでも出願の申込みが可能です。

出願依頼の内容確認を行います。先に見積書が必要な場合は、この段階で見積書の発行ができます。内容に問題が無ければ、費用の支払いを行います。

マイページでは、保存した商標検索結果の閲覧の他に、出願依頼済み商標に関するチャットでのやりとりや出願済商標に関するデータの管理を行うことができます。

出願書類(案文)を確認する

マイページのチャット欄に、出願書類(申請書類)確認のためのメッセージが届きます。案文の確認後、出願手続きを行います。その後、商標登録願等の提出書類は、マイページにてご確認いただけます。

なるほど!「Amazing DX®」は商標の検索から申請の手続きまでの一連の流れをオンライン上でやり取りできるから、手軽に効率良くできそうだね。好きなタイミングで、出願後の状況確認をサイト上で確認できるのも良いな。

Amazing DX®をお試しください

この記事では、一般的な商標出願の流れに加え、自分で出願する場合、代理人に依頼した場合、「Amazing DX®」を利用した場合をそれぞれ解説しました。

「Amazing DX®」なら、専門的なサービスを受けつつ、スピーディーに商標出願を進めることができます。オンライン上で相談を含めたやりとりができるため、手軽に、敷居の高さを気にすることなくやりとりしていただけます。

「Amazing DX®」は、数ある特許事務所の中でも50年近くの歴史がある大手事務所が運営しているため、安心してお任せいただけます。また、国内のみならず、外国出願の経験も豊富ですので、外国に関するご依頼も引き続き対応いたします。

出願を検討している商標が登録可能なものかどうか、まずは、以下リンクから商標調査してみましょう。

国内の出願から登録までのやりとりは弁理士が行いますので、サービスの品質を担保しながら、価格を抑えつつ、スピーディーに手続きができます。まずは、アカウント登録からお試しください。

supervisor
Supervisor for the article:
HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
大阪法務戦略部長 八谷 晃典
, , ,

Let's start,
an easy trademark application in Japan!

For those who are worried about registering a trademark for the first time, we offer free advice tailored to your situation.