Amazonブランド登録の申請方法をわかりやすく解説します

Amazonブランド登録をするために

Amazonに自社の製品を出品しているんだけど、「Amazonブランド登録」っていうのがあるらしい。
Amazonブランド登録をすると、何かいいことあるのかな。
Amazonブランド登録をすると、模倣品が出た時に出品を停止させたり、商品の相乗りの業者を排除できたりと、様々なメリットがありますから、利用することをお勧めします。
それはいいね。Amazonブランド登録の申請をしたいけれど、手続はどう進めるんだろう。

Amazonブランド登録ってやった方がいいの?

Amazonで商品を販売するために、Amazonブランド登録は必須ではありまん。
Amazonブランド登録をしなくても、Amazonストアに商品を出品することは可能です。

ただし、Amazonセラーの個人・会社にとって、Amazonブランド登録には大きなメリットがあります。

Amazonブランド登録って申請が面倒そうだな、とお考えの方、Amazonブランド登録は、手続にかかる手間以上に大きなメリットがあります。

本記事では、自分でAmazonブランド登録を申請したいけれどやり方がわからないという方に向けて、申請の手順や申請に必要な記載事項についてわかりやすく解説します。

Amazonブランド登録の手続を始める前に-ブランド登録には商標登録が必須です

Amazonは安心して商品を購入してもらうため、知的財産やブランドの保護を重要視しています。
その取り組みの一つとしてamazon brand registryへの登録=Amazonブランド登録があります。

Amazonブランド登録を申請するためには、商標登録が必要です。

そして、Amazonブランド登録は、特許庁で商標登録されたブランド名を、商標権者自身がAmazonに申請したものに限ります。

AmazonセラーにとってのAmazonブランド登録の最大のメリットとして、悪質な相乗り業者や模倣品を排除できることがあります。
これは、商標権の権利者だからこそ可能な対応なのです。
登録商標の権利と保護は、商標が登録された国だけで有効ですので、必ず日本で商標登録を取得しておきましょう。

なお、商標は特許庁へ出願してから登録まで数か月の審査期間がありますので、早めに出願することをお勧めします。

Amazonブランド登録の申請方法

Amazonブランド登録の申請には、次のものを用意します。

・ブランドレジストリアカウント
・日本の登録商標
・ブランド名が表示されている商品やパッケージの画像データ

ブランドレジストリアカウントの作成

ブランド登録のサイトページ(https://brandservices.amazon.co.jp/brandregistry/eligibility)にアクセスし、ページ下部の「今すぐ登録する」ボタンをクリック。

「ブランド登録先の国のマーケットプレイスを選択します。」の表示が出ますので、国リスト一覧の中から「日本」を選択します。

Amazonのセラーセントラルアカウントをお持ちの方は、その販売アカウントのメールアドレスを使用すれすれば、販売アカウントにすぐに適用されるようになります。

これで、ブランドレジストリアカウントが作成されます。

Amazonブランド登録のページへ

ブランドレジストリアカウントが作成できたら、次は、ブランド登録のステップに進みます。

利用規約を確認したら、ブランドレジストリアカウントの管理画面の左側にある「新しいブランドを登録」をクリック。

ブランド登録の申請に必要な情報が表示されますので、ディスプレイ上で確認した後、ページ左下の「ブランドを登録する」ボタンをクリック。

そうすると、登録情報の入力画面が開きますので、以下➀、➁、➂の各項目を入力します。

➀ ブランド情報の入力

・申請するブランド名【!重要!】

入力するブランド名は、登録された商標名と完全に一致していることを確認します。
一致していると認められない場合には、ブランド登録の申請は承認されません。
例えば、大文字と小文字の区別や、ハイフンやコンマなどの使用には、特に注意が必要です。

Amazonブランドができるのは「文字商標」 または 「語句、文字、または数字を含む図形商標」 のどちらかに限られています。

ブランド登録後にブランド名の変更はできません。
新たなブランド登録が必要になる場合が多いので、気を付けて入力しましょう。

・登録商標機関
商標登録が有効な国を選択します。
日本の特許庁で商標登録されている場合には「日本」を選択します。

・登録番号
登録番号は、登録証に記載される番号「登録第***号」です。
※商標出願すると直ぐに特許庁から付与される出願番号(「商願」から始まる商願2023―の形式のもの)は、登録番号と異なりますのでご注意ください。

商標登録から48時間以内の場合は、ブランド登録の申請ができない場合があります。
その場合は、時間をあけて再度、申請してください。

・商品画像をアップロード
Amazonで販売している、または販売予定の商品やパッケージの画像をアップロードします。

➁ 出品用アカウント情報の入力

・出品者またはベンダーの選択
「出品者」を選択します。

・ブランドカテゴリーの指定
商品が該当するカテゴリーを指定します。

・商品カテゴリーのASIN
ASIN=Amazon Standard Identification Numberの略。
Amazonが取り扱う商品を識別する10けたの英数字で構成される番号です。
商品をAmazonに出品すると、自動的に作成されて割り当てられます。
商品ページの登録情報に記載されています。

➂ 製造および販売情報の入力


・ブランド商品を他の小売り業者に販売していますか?(はい・いいえ)

・ブランド商品の販売国(任意)

・商標権のライセンス供与(はい・いいえ)

これで「送信」をクリックすれば、Amazonブランド登録の申請は完了です。
この後、申請した内容についてAmazonで承認審査が行われます。

確認コードの入力

Amazonでの審査が終わると、Amazonはブランド登録の申請が商標権自身で行われているかどうかを確認するために、確認コードを送信します。
確認コードを受け取ったら、Amazonブランド登録アカウントにログインして、このコードを提出します。

*「Amazing DX®」から商標出願をご依頼いただいた場合、確認コードは出願代理人である弁理士法人 HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARKに送信されてきますので、当所で受け取った確認コードは速やかにお客様にご提供します。

確認コード提出から数日後、Amazonからブランド登録を承認するメールが届きます。

Amazonブランド登録のやり方がわかったから、自分でやってみるよ。ブランド登録申請の前に、まずは、特許庁へ商標出願をしないとね。

まとめ

Amazonブランド登録を進めるためには、まず、特許庁へ商標を出願することが必要です。

商標出願には、弁理士法人 HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK が提供する「Amazing DX®」をご検討ください。
出願から登録にかかる費用は1区分で53,000円(特許庁印紙代29,200円を含む)と低額です。

「Amazing DX®」について、また商標全般について、お困りごとや疑問点などがありましたら、こちらからお問合せいただけます。

まずは「無料商標検索」をお試しください。

商標出願の前にリスクを回避しましょう!

リスクを事前に確認しませんか?
商標検索することで、競合他社や既存の権利者との衝突リスクを減らせます。

まずは、商標とヨミガナを入力し、特許庁に出願されている商標を無料で検索してみましょう。

商標  :

ヨミガナ:

supervisor
Supervisor for the article:
HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
大阪法務戦略部長 八谷 晃典
, , ,

Let's start,
an easy trademark application in Japan!

For those who are worried about registering a trademark for the first time, we offer free advice tailored to your situation.