売り上げの向上につながるブランディングとは?

ブランディングを売り上げ向上につなげるためには、何が求められるのだろう?ブランディングを成功させて、顧客の獲得につなげたいよ!
企業ブランディングを行う以上、より多くの顧客を獲得し、売り上げの向上につなげたいですよね。そのためには、いくつかのステップを踏んで、ブランディングを行う必要があります。

この記事では、ブランディングを売り上げの向上につなげたい場合に気をつけるべきポイントについて解説いたします。

目次 Index
  1. 適切なブランディングは売り上げ向上につながる
  2. 売り上げ向上につながるブランディングのポイントとは
  3. ブランドイメージをより適切に浸透させるために、商標を使用することも重要です。
  4. 売り上げにつながるブランディング戦略の一環として、商標出願も検討してはいかがでしょうか。

適切なブランディングは売り上げ向上につながる

ブランディングを適切に行うことにより、以下の効果が得られます。

  1. 知名度が上がり、企業の調達⼒が上がる
    ブランディングが成功すると、多くの消費者に商品やサービスが認知されるため、販売拡大につながります。初めて目にする名前の商品よりも、名前を知っている商品のほうが安心感を得やすいため、選ばれる傾向にあります。
  2. 競合の他社との差別化が可能
    ブランディングが成功すると、競合他社の製品と比較せず、自社の商品を「指名買い」してもらうことも可能です。適切なブランディングにより価格競争に巻き込まれることなく、販売単価を維持・向上できる可能性があります。
  3. リピート率がアップする
    ブランディングが成功すると、消費者は特定の商品・サービスに愛着を持つようになります。その結果、自社商品を複数回に渡って、購入・利用してもらえます。

したがって、適切なブランディングは売り上げの向上につながるのです。

売り上げ向上につながるブランディングのポイントとは

ブランディングを売り上げの向上につなげるためできることを、いくつか挙げてみましょう。

  1. ⾃社の強みを把握する
    SNS等で⾃社に関する印象をユーザーから募集する等、ユーザーのリアルな声を得ることで、自社の強みについて調べてみましょう。第三者の目線から、自社への意見を募ることにより、自身では認識できなかった課題や長所について整理できるでしょう。
  2. ターゲットとするユーザー層を明確にする
    ターゲティングは詳細に行いましょう。3C分析(顧客(Customer)、競合(Competitor)、⾃社(Company)を意味します)等のマーケティングの方法を活用し、自社のターゲットとする顧客を絞り込みましょう。ターゲットとする層や市場が決まったら、⾃社ブランドのポジションを決定します。ポジショニングを行う際は、ターゲットとする顧客が競合他社ではなく⾃社を選ぶべき理由を明確にしましょう。そのためにも、ターゲットのニーズを明確に把握しましょう。
  3. ブランドのアイデンティティを検討する
    ターゲットのユーザーが決まったら、ユーザーにブランドに対してどんなイメージを抱いて欲しいか、どんな価値を提供したいかなどのブランド・アイデンティティを検討しましょう。ブランドアイデンティティは、他社には実現できないような、自社独自の強みを生かせるようなものにしましょう。
  4. メディアを通じてブランドを広告する
    コピーやデザインなどに実際に落とし込み、広告・宣伝することでブランドを展開させましょう。宣伝の数が増えれば、⼤勢のユーザーに知ってもらえるでしょう。あらゆる場面で⼀貫したメッセージを広告で発信することにより、ブランドイメージを確⽴するとともにファンの獲得が期待されます。
  5. インナーブランディングを強化する
    ブランディングの向上のためには、まず、最もブランドに近い⼈々であり、同じ社内で働く従業員や協⼒会社へのブランドの浸透が不可⽋です。そのため、近年では、組織の中に向けたブランディングに関連する活動(インターナルブランディング)が注目されています。ブランド戦略の一つとして、ブランドの一貫性を保つことは重要です。組織の外でのブランド力を高めるためにも、社内においてビジョンを浸透させるインナーブランディングという取り組みが求められるでしょう。

インナーブランディングを行うことで、たとえば以下のようなメリットが得られます。

● 従業員が、自社・ブランドへ愛着をもつように
● 従業員のモチベーション向上
● 社員定着率の向上
● 業務効率化・業務改善の促進
● 優秀な人材確保
● 顧客満足度の向上

また、ブランディングに成功した他社の事例を参考にすると、ブランディングの向上に関するヒントが得られるかもしれません。

ブランディングを成功させないことには、売り上げにつながらないよね。顧客のニーズにこたえるようなブランドが、ブランドの価値を高めて、独自の地位を確立できるんだね。
ブランディングを成功させるためには、上述で説明したステップを、1つ1つ丁寧に行うことが必要ですね。でも、それだけでなく、ブランドのイメージを目に見える化することも大事ですよ。
自社の考えるブランドのアイデンティティと、ブランドに対する顧客のイメージを一致させる必要がありますからね。商標は、社内外でブランドのイメージを共有するために重要なものです。

ブランドイメージをより適切に浸透させるために、商標を使用することも重要です。

ブランディングの成功のためには、社内外において共通のブランドイメージを浸透させることが大切です。そのためにも、ブランドの価値観をユーザーや従業員の視覚的に訴える要素が必要です。その要素として、ロゴなどの商標が重要になってくるのです。

今や商標は、構築されたブランド・イメージを他の人に伝えるための1つの手段となっています。商標を介して、ブランドイメージがより効果的にユーザーや従業員へ伝えられることにより、企業のコンセプトや価値観等が浸透します。
また、商標は消費者だけでなく、社内の社員にとっても有用です。企業内で目指すべき方針や理念について情報を共有するためには、言葉での説明だけでなく、商標が役に立ちます。

ブランディングを成功させた企業の例を実際に見ても、商標を利用している企業が多いような・・・。ブランディングって、消費者のニーズや自社の強み等を把握することも重要だけど、それ以外の観点、つまり商標の利用についても考えないといけないんだな。
ブランディング・マネージャーなど、ブランディングに携わる方々は、商標に関する知識が求められます。しかし、商標に関する基礎知識は学ぶことができても、実務を行うことは難しいかもしれません。自分で一から商標を出願することに不安を感じる方は、一度専門家に相談してもよいかもしれません。
実務経験を積んだ専門家なら、安心して商標出願を任せられるね!

売り上げにつながるブランディング戦略の一環として、商標出願も検討してはいかがでしょうか。

戦略の一環として、自社の商標を作成し、出願することもお勧めいたします。当所では、商標出願をサポートするべく、本記事のように、商標関連の情報を紹介しています。もちろん、個別案件に応じたご相談も承っています。商標出願に関してお悩みの際は、お気軽に当所までご連絡ください!当所の精鋭スタッフが、貴社のビジネスの方針を確認し、出願から登録までをサポートいたします。
また、商標出願に関する費用を抑えたい方は、Amazing DX(登録商標)のご利用もおすすめです!
まずは、ためしに会員登録して、商標登録ができそうな商標を検索してみてはいかがでしょうか?

For your branding, a trademark application is very important.

Let’s sign up and search for the trademark which would be obtained safely.

supervisor
Supervisor for the article:
HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
大阪法務戦略部長 八谷 晃典
, , ,

Let's start,
an easy trademark application in Japan!

For those who are worried about registering a trademark for the first time, we offer free advice tailored to your situation.